学校の授業はわかるのになぜテストの点は取れないの?

①勉強の最初

各校舎で生徒の勉強を見ていると、「社会が分からない」「英語が分からない」「数学が分からない」と、ふわっとした相談を受けます。

社会の何が分からない?

と尋ねると、

「んー、全部!言葉とか。。もうほんと好かん!」

と考えることをやめてしまいます…。中学校の頃の自分を見ているようで、気持ちは良く分かります。

まさに、

「何が分からないのか分からない」

状況、ですね。思うに、「勉強(理解)」は「知っているか?」「知らないか?」【認知】することから始まります。

街中で走る車を指差し、

「あれは何?」

「あれは車だよ」

食卓で、

「お醤油取って」

「醤油ってどれ?」

「これ」

「あ、これね」

と、(例が拙い点は置いておいて・・・)全ては【認知】することから始まります。

認知すると、【理解】が始まります。

「あれは”車”っていうんだ」

「”醤油”はこれなんだ」

という状況。学校の授業はこの【理解】までです。

「授業を聞いているときはわかる」【認知→理解】が非常にスムーズに行えており、授業を行う先生も伝え方を工夫しているので、そのときは理解できるんです。

しかし、テストの点数は上がらない。なぜか?

理由はあります。

続きは次回。