「スマホ」ー。

今日の私たちにとってこのスマートフォン、

通称「スマホ」は手放すことができないものとなっています。

さて、このスマホは大人だけではなく、子どもたちが手にしていることも珍しい光景ではなくなってきています。

しかし、同時に多くの家庭で「スマホが子どもに与える影響」も無視できないテーマとなっています。

今回の内容は、その「スマホが与える影響」についてです。

スマホはお子様の成績に影響するのか?

多くの親御さんがいつも心配していること、それはお子様の「成績」だと思います。

お子様に「スマホ」をもたせているご家庭では、
特に、このようなお子様への悩みの声はつきもののようです。

「うちの子は部屋で友達とLINEばっかり…」

さて、このような声の原因は本当に「スマホ」によるものなのでしょうか?
その真相にせまってみます。

「スマホは成績に影響を与えるのか」?

その答えは、YESです。

スマホはお子様の成績が下がってしまう悩みのタネをたくさん生んでしまいやすいのです。

その最大の原因は「インスタントメッセンジャー」の使用です。

インスタントメッセンジャーとは、例えばLINEなどのメッセージアプリの総称です。

インスタントメッセンジャーが与える影響の正体

では、
インスタントメッセンジャーは実際に、どう影響しているのでしょうか?

その正体は、「ながら勉強」です。

「ながら勉強」とは、勉強をやりながら、インスタントメッセンジャーなどのアプリも同時に使うことをいいます。

つまり、勉強をしながらLINEもやっている、という状況が一番良くないのです!

また、その時間が長ければ長いほど、お子様の読解力や集中力が下がることにつながるようです。

スマホと上手につきあうルールをつくってみませんか?

「スマホ」が与える影響をお伝えしましたが、
あくまでもスマホはお子様の成績を下げる原因をつくってしまいやすいというお話です。

もちろんスマホがあることで、パッと情報検索ができたり、オンラインの授業を受けられるといったメリットもあります。

今回は決して、「スマホをもたせるのはダメだからお子様から取りあげてください!」ということをお伝えしたかったのではありません。(笑)

そうではなくて、「スマホと上手に付き合うにはどうすれば良いか」をお子様と一緒に考えてみてください、という提案です!

例えば、「勉強中はスマホは使わないようにしよう」といったお約束を、お子様としてみるのは効果的です。

ぜひ「スマホ」を味方につけて、お子様の日々の勉強を充実させていただければ幸いです。

(参考)
東洋経済オンラインhttps://toyokeizai.net/articles/-/220685
https://toyokeizai.net/articles/-/212824(補足資料)