新しい環境での学校生活が始まり何かと忙しいこの時期。新1年生はこれから部活も始まり、今まで以上に忙しくなることが予測されます。

そうなると勉強についていけるか心配ですよね。

今回は忙しい中でも実践できる「賢い人が実践する勉強法」についてお話しします。

 

まとまった時間に勉強はNG?

「10分くらい待ち時間ができた」という時に勉強を始めますか?

 

おそらく、多くの方が「No!」と答えるでしょう。

ついついゲームをしたり、スマホを扱ったりしてしまいますよね…。

「まとまった時間が取れれば…」

なんてことを考えている人も多いと思います。

 

しかし、これが落とし穴なのです。

 

忙しくなればまとまった時間をとることは難しくなります。

もしまとまった時間を確保できたとしても眠ってしまったり、自分のやりたいことをしたり、勉強に時間を割く人は多くはありません。

忙しい中でやっと取れた時間なので、自分のやりたいことに時間を割こうと考えるのは自然なことです。

 

まずは「勉強はまとまった時間に」という考え方を捨てましょう!

 

いつ勉強するのか?

ここからが大事なポイントです。

 

賢い人は小さな隙間時間を見つけては勉強に当てます。

電車の待ち時間、お店での待ち時間、友だちを待っている時間などなど。

5分でも10分でも小さな隙間時間にコツコツと勉強をしているのです。

 

例えば、毎日10分の隙間時間を勉強に当てたとしましょう。1ヶ月で約5時間分勉強したことになります。

これは1日の学校で行う勉強時間とほぼ同じです。

つまり、他の人よりも1日多く学校に行っていることになります。

「1日学校に行かなかったくらい…」

と感じるかもしれません。

 

しかし1年、2年、3年と続けていくと、学校で行う勉強時間の約2週間~1ヶ月分ほどの差が出るのです。

もし自分だけ実践していなかったらそれだけの差がついてしまうということです。

短い時間も積み重ねれば膨大な時間になります。

さすがにこれだけ学校に行かないと勉強についていけなくなりますよね。

 

このように賢い人は小さな隙間時間にコツコツと勉強し、他の人よりも多くの時間勉強しているのです。

 

大事なのは継続すること!

小さな隙間時間に勉強するため内容はなんでも構いません。

英単語帳を持ち歩いたり、本を持ち歩いたり、スマホで勉強したいところを写真で撮っておくのもいいかもしれません。

自分のやりたい科目を、やりやすい方法で、無理なくやることがポイントです。

 

なぜなら人は”辛いことをすぐにやめてしまう生き物”だからです。

 

お話しした通り、この方法は短い時間での勉強法です。

コツコツと続けていくことで形になる勉強法ので、継続することが重要です。

ぜひ、隙間時間をうまく活用してみてください

 

また、当塾では生徒のみなさまがコツコツと学習に取り組める環境を整えております。

興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。