学校の授業はわかるのになぜテストの点は取れないの?

②宿題の目的

そうです、理解が定着しないから。

 

テストで点数を取るためには

 

以下のプロセスがしっかりしていることが前提なんです。

 

認知→理解→定着(記憶)→整理→表現

 

理解を定着させる訓練はどうしても必要です。

 

物覚えのいい子はいますが、僕はそのタイプではありませんでした。

 

「車」「醤油」「学校」・・・

 

何でもいいですが、

 

毎日使うものは刷り込みやすく、定着していきます。

 

一方で、

 

「応仁の乱」

「be動詞の過去形の使い方」

「一次関数のグラフ」

 

など、普段の生活で使わない言葉・考え方は

訓練しないと定着はしません。

 

そのための宿題なんですね。

 

宿題の意義はここにあります。

 

「聞いたことを定着させる」

 

訓練なので、部活の筋トレ・ランニングと一緒。

 

つらく・苦しく・一人でやるものです。

 

でも、ここをしっかりやった人は

 

定着している知識量が違うので、

 

テスト勉強、受験勉強ですごく楽な思いをします。

 

逆に、日々の宿題をサボってしまうと、、、

 

未来の自分が苦労します。

 

歯磨きしないと虫歯になるようなものですね。

 

ですので、宿題はきちんと取り組みましょう!

 

宿題が最初から解けない場合は、

 

体験授業にお越しください。

 

次回は最後、

 

「テストで点数を取るための勉強とは」

 

です!